白髪染めトリートメント副作用はない?

白髪染めトリートメント、副作用は?

ヘアカラーなどの染料には、パラフェニレンジアミンという化学染料が使われています。
実はこのパラフェニレンジアミンは、重篤なアレルギーを引き起こすことがあります。
それが、「ジアミンアレルギー(PPDアレルギー)です。

2019年2月13日に放映された「まさかの映像グランプリ」で、このPPDアレルギーを発症してしまった女性を取り扱っていました。
ヘアカラーをした女性が深夜に息苦しくて救急車で病院に搬入されました。
そして、数時間のうちに顔がパンパンにはれ上がって、別人のような顔になっていました。

 

ジアミンアレルギーのことは知っていたけど、顔がはれ上がるほどのこともあるとは知らなかったです!


 

彼女の場合は、呼吸困難に陥ったのは、舌がはれ上がって、喉を圧迫していたためでした。
場合によっては、失明や命を失う危険もあるんだそうです!


ジアミンアレルギーとは?


アレルギーを発症した原因というのが、「ジアミン」
ジアミンには、
  • パラフェニレンジアミン(PPD)
  • パラトルエンジアミン(PTD)
  • パラアミノフェノール(PAP)
  • パラメチルアミノフェノール
  • ニトロパラフェニレンジアミン(ONPPD)
  • パラニトロオルトフェニレンジアミン
  • パラメトキシメタフェニレンジアミン
などがあります。

ジアミン配合の染毛料を使う場合は、必ず48時間のパッチテストが必要です。
また、前は大丈夫だったけど、使い続けることで、突然にジアミンアレルギーを発症することもあります。
特に頭皮に傷などがある場合は、そこからジアミンが肌内部に入ってしまって、アレルギーを発症することがあります。
ヘアカラーや白髪染めを使っていて、ピリピリしたり、痛みを感じた場合はすぐに洗い流して、使用を中止しましょう。

白髪染めトリートメントは、ジアミンアレルギーの心配はない?

ジアミンが配合されていなければ、ジアミンアレルギーを発症することはありません。
が、体質や頭皮の状態によっては、まれに肌が赤くなったり、かぶれたりすることがあります。

実際に、私も、とある白髪染めトリートメントが原因で皮膚科のお世話になったことがあります。

白髪染めトリートメントでかぶれた


特に耳の後ろがかぶれやすかったです。

ジアミンアレルギーを発症してしまうと、ジアミンが配合された普通のヘアカラーは使えなくなります。

そうなってしまった場合は、白髪染めトリートメントを使う際には、必ず成分を確認して、パッチテストをしてから使いましょう。
できれば、返金保証があれば安心ですね。

マイナチュレカラートリートメントの全成分

マイナチュレカラートリートメントには、ジアミンアレルギーの原因となるジアミンは配合されていませんので安心してください。

水、セテアリルアルコール、ミリスチルアルコール、ステアルトリモニウムクロリド、水添ナタネ油アルコール、フェノキシエタノール、炭酸水素アンモニウム、ヒドロキシエチルセルロース、ステアリン酸グリセリル、オレンジラフィー油、イソプロパノール、クロルヒドロキシAI、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、コレステロール、クエン酸、グリチルリチン酸2K、デキストリン、ボタンエキス、BG、フユボダイジュ花エキス、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、ホホバ種子油、アルガニアスピノサ核油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、コンフリー葉エキス、グリセリン、加水分解ケラチン(羊毛)、デキストラン、アセチルヘキサペプチド-1、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、γ-ドコサラクトン、アシタバ葉/茎エキス、ガゴメエキス、ウコン根茎エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、セイヨウノコギリソウエキス、カミツレ花エキス、アルテア根エキス、セージ葉エキス、スギナエキス、ベルガモット果実油、ラバンデュラハイブリダ油、レモン果皮油、オレンジ果皮油、テレビン油、クスノキ樹皮油、ラベンダー油、ローズマリー葉油、オランダガラシ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、アルニカ花エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、オドリコソウ花エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、(+/-)HC青2、塩基性茶16、塩基性青99、HC黄4、HC黄2

マイナチュレオールインワンカラートリートメントの主な染毛成分は、
  • アシタバ葉
  • ウコン根茎
  • オレンジラフィー油
  • フィポダイジュ花
天然由来の成分です。

マイナチュレカラートリートメントの効果・口コミ