白髪染めトリートメントのメリット・デメリット

市販の白髪染めから、白髪染めトリートメントへ変えようと思っている方へ。
白髪染めトリートメント歴5年の管理人が、白髪染めトリートメントの疑問にお答えします!

白髪染めトリートメントのメリット・デメリット

市販の白髪染めと白髪染めトリートメントの違いは?
メリット、デメリットをまとめてみました。

白髪染めトリートメントは簡単・楽ちん?


 

白髪染めトリートメントって、お風呂場でシャンプーのあと、トリートメントするだけで白髪が染まるんですよね?

だとしたら、白髪染めより楽ですよね♪


 

確かに、言葉でいうとそうだけど、シャンプーの後、リンスの代わりにサラッとトリートメントを塗って、数分で洗い流せば、白髪が染まるというほど簡単なわけではありません!


白髪染めトリートメントも、染める手間は、白髪染めとあまり変わらないのです!
  • シャンプーのあとは、タオルドライで水気を切る
  • 髪の毛をブロッキングしながら、丁寧に全体に塗る
  • 塗った後は、シャワーキャップを被って時間を置く

しっかり白髪を染めるには、メーカーによりますが、記載では「5~15分」となっていますが、実際には長ければ長い方がよくて、「30分~1時間置いてください」というものもあります。

 

え~、それじゃあ、市販の白髪染めより染まるのに時間がかかるってことですよね?
市販の白髪染めだと、だいたい放置時間は20分くらいです!


 

確かにね。
まぁ、市販の白髪染めは刺激が強いので、それ以上時間をかけるのはよくないってこともあるけど。
白髪染めトリートメントの場合は、回数を重ねるにつれて放置時間は短くしてもちゃんと染まるようにはなります。


白髪染めトリートメントを途中でやめることはできる?


 

やっぱり、美容院で染めることにします・・・


 

それダメ!

一旦白髪染めトリートメントで染めたら、完全に抜けるまで、市販の白髪染めや美容院の白髪染めで染めても、きれいには染まりません!
場合によっては、変な緑色になったりします!


もしも普通の白髪染めに戻したい場合は、完全に色が抜けるまで待ちましょう

白髪染めトリートメントしてたら、パーマはダメ?


まず、美容院に行ったら、「白髪染めトリートメントを使っています」と申告してください。
ってか、たいていの美容師さんは、気づいて聞いてきますけどね。

パーマをかけるのは、白髪染めトリートメントをしてすぐじゃないほうがいいです。
どっちにしても、パーマ液の影響で色が抜けてしまいますし、場合によっては、化学反応を起こして変な色になることもあるようです。

パーマの後は、白髪染めトリートメントをしても染まりにくいです。
だいたいパーマをかけて1週間くらい待った方がちゃんと染まります。
※酸性パーマなら、比較的すぐに使ってもちゃんと染まります。

白髪染めトリートメントとパーマを併用する場合は、それを計算してお出かけ日に合わせましょう!

白髪染めトリートメントのメリットって?


お風呂上りに、さっとトリートメントするだけで、ちゃんと白髪が染まるって思ってましたか?

意外と面倒!って思っちゃいましたか?

でも、白髪染めトリートメントの最大のメリットは、「髪と地肌に優しい」ということです。
今は少なめの白髪でも、そのうちゴッソリ白髪は増えます。
グレーヘアにする勇気がないのであれば、白髪染めとはずっと付き合っていかないといけないわけですよね。
いくら色が染まっても、バシバシに傷んだ染め髪は、よけい見た目年齢も上に見えます。

理想は、いくつになっても若々しい髪。
若々しい髪とは
  • 白髪がめだたない髪
  • 艶・コシのある髪
ですよね。

それならば、白髪ばかりでなく、髪の健康にも気をつけたいですよね。

マイナチュレ ヘアカラートリートメントは、「白髪染め」「育毛」「スカルプケア」「ヘアケア」ができるオールインワントリートメントなんです。